糖対策として良い商品を探している・・・!

 

男

パウダー状の菊芋もよさそうだけど、ルックルックイヌリンプラスの評判が良いので気になる・・!

 

良い商品に巡り会ったのではないでしょうか。糖対策商品の中でも、高品質が売りの実に良質な商品だと考えています。

 

ルックルックイヌリンプラスの何が凄いか?なぜ口コミが良いのか?1つずつ紐解いていきたいと思います。

 

 

それよりも、最安値を今すぐ確認したい!という方には、公式のキャンペーンサイトへご案内します。

↓↓

ルックルックイヌリンプラス(公式キャンペーンサイト)

 

優れている点は「糖のトリプルブロック機能」

菊芋サプリメント初の「3方向から糖分を強力サポート」が他の商品には無い最大の魅力ポイントです。

 

1つずつ説明していきたいと思います。

①糖の吸収を抑制

【菊芋・納豆】

作物の中では断然の含有量、菊芋に含まれるイヌリンが糖を包み込み、小腸から吸収されるのを抑制します。また、納豆のねばねば力「ナットウキナーゼ」も同様の働きがあり、吸収を抑制&体外への排出をサポートします。

②糖を運び出す除去する力を活性

【玉ねぎ・ビフィズス菌】

玉ねぎに含まれるイソアリインは、インスリンの働きを活性化させ、糖の除去を後押しします。この働きのサポート役として、30億個のビフィズス菌が配合されています。

③糖の分解を阻止

【サラシア・桑葉】

糖が体内に吸収されには、分解されていることが必須となります。逆手に取ると、分解されなければ吸収されないわけです。そこで着目されたのがサラシア。糖の分解を阻止する役割を担い、桑葉をプラスすることで強力な阻止係役を務めています。

【比較】ルックルックイヌリンプラス vs ライバル商品

まず、菊芋パウダーとの比較。次にサプリタイプと比較→糖対策成分の数&イヌリン水溶性食物繊維の量が明記されているか

菊芋パウダーと比較

菊芋パウダーってお手軽ですよね?料理にさっと入れるだけ。

 

女待って

でもちょっと待ってください。

もし、糖対策をお考えであれば、一度考えていただきたいことがあります。

菊芋パウダーの成分は、当然「菊芋だけ」です。対策するのであれば、菊芋のイヌリン成分だけでなく、他の有用成分も含む商品の方が良いのではないでしょうか??

 

ルックルックイヌリンプラスには、菊芋の水溶性食物繊維イヌリンを始め、複数の有用成分を配合されており、以下3つのアプローチで糖を撃退します。

  • 抑制
  • 除去
  • 阻止

 

菊芋のパウダーだけでは「糖の完全包囲網」は難しいでしょう。多方面から糖へのアプローチが効果的です。以上の理由から、ルックルックイヌリンプラスは糖対策適していると判断できます。

ライバル商品(タブレットタイプ)と比較

では、タブレットタイプの菊芋商品と比較してみましょう。

 

ルックルックイヌリンプラス 菊もん 金の菊芋 菊芋タブレット きくいもフローラ
商品
糖を「抑制」 ナットウキナーゼ
イヌリン
イヌリン イヌリン イヌリン イヌリン
糖を「除去」 イソアリイン
ビフィズス菌
乳酸菌 フラクトオリゴ糖
糖を「阻止」 サラシア
価格 2980円 2200円 3910円 1460円 2106円
内容量 186粒 320粒 210粒 300粒 90粒
目安量
(1日あたり)
6粒 12粒 7粒 15~30粒 3粒
イヌリン量
(1日あたり)
1484mg 不明 750mg 不明 175mg
コスト
(1日あたり)
定期初回:96円
2回目以降:138円
83円 130円 73円~146円 70円

 

ルックルックイヌリンプラスの口コミ

実際に使用した方の感想、投稿レビューを見てみましょう。

 

おばあさん

食事療法+イヌリンプラスで

300を超えていた血糖値が120まで下がり安定しています。これからも続けていきたいと思える、数少ないサプリの1つです。

おじいさん

継続摂取中

毎日飲むのが習慣になりました。少しずつですが、血糖値が下がっている様です。

おじいさん

リピート購入です

2袋目を飲み終わる頃、A1cが1桁台に!

(※すべて個人の感想です。効果効能を保証するものではありません。)

ルックルックイヌリンプラスを「おすすめできる人」

ルックルックイヌリンプラスをおすすめしたいのは以下に該当する方です。

  1. 「糖」の総合対策商品を探している方
  2. 配合量が明記されている安心・信頼性の高い商品をお探しの方
  3. パウダータイプは毎回料理に入れるのが面倒だと感じる方

 

①まず、既にご説明した通りこの商品は糖の総合対策商品です。

 

一般的な菊芋関連商品の含有成分は、菊芋の粉末、または粉末だけを固めただけなのに対し、本品は菊芋成分のイヌリンだけでなく、ナットウキナーゼや玉ねぎのイソアリイン、サラシアなど、糖を完全包囲します。

 

言うなれば【糖対策の総合商社】とでも申しましょうか。総合対策ならこの商品!と言わしめるだけの成分構成です。

 

②イヌリン・水溶性食物繊維の配合量が明記されているのもポイントです。

 

TOPページで解説した通り、イヌリンの含有量が明記されている商品は、一握りしかありません。さらに、国産菊芋使用商品に限定すると、ほとんど選択肢が残らないのが実情です。

 

ルックルックイヌリンプラスは、イヌリン水溶性食物繊維の配合量が明記され、かつ国産菊芋を使用している希少な商品。信頼性・安全性の観点からも合格点を与えられる数少ない商品です。

 

③パウダータイプはリーズナブルですが、毎回料理に入れるのが手間に感じることがあります。

 

スープ系の料理であれば味をほとんど変えずに済みますが、炒め物や繊細な料理はそうはいきません。

 

毎回菊芋パウダーに合う料理を考えるのが億劫になる方には、タブレットタイプのルックルックイヌリンプラスをおすすめしています。

おすすめできない人と商品のデメリット

おすすめする理由を述べましたが、全ての方にオススメできるわけではありません。以下項目に1つでも当てはまる方は、別の商品を検討した方が良いでしょう。

  1. とにかくリーズナブルにこだわる方
  2. 品質や安全性にはそこまでこだわりが無い方
  3. 継続していく意志が無い方

 

①ルックルックイヌリンプラスは決してリーズナブルではありません。

 

既にご説明したように、糖の総合対策商品であり国産菊芋使用、イヌリン・水溶性食物繊維配合量を明記と、配合成分や品質・安全面で高い水準にあります。

 

ですから、安く提供することはできないのです・・・。残念ながら、リーズナブルであることを最優先する方には決してオススメできません。

 

②リーズナブルで量の多い中国産の菊芋パウダーでも構わない。とお考えの方にはオススメしません。

 

国産菊芋をGMP認定工場で加工しているのがルックルックイヌリンプラス。品質・安全性にこだわりが無い方には正直不向きな商品です。

 

③どんな商品にも共通することですが「短期間でなんとかしよう」という気持ちを持った方にはオススメできません。

 

薬では無いので短期決着は不可能でしょう。ルックルックイヌリンプラスは毎月お届けの定期コースですから「1ヶ月だけ!」というような甘い気持ちをお持ちの方にはオススメしていません。

お買い得な価格情報

一番お得な公式サイトでの購入をおすすめしています。現在もキャンペーン期間中かどうか、ご確認をおすすめします。

↓↓↓

ルックルックイヌリンプラス

★さらに本気の血糖値対策なら「機能性表示食品」

漢方薬で有名な「薬日本堂」から、「血糖値・中性脂肪対策サプリ」が発売されています。

健康サプリメントとは異なり、消費者庁に届出され受理された「機能性表示食品」です。

 

正直、価格帯は安くはありません。イヌリンを関与成分としたの機能性表示食品は、私が知る限り以下2商品だけです。

 

これら2つの商品の決定的違いは、イヌリンの含有量です。

  • 金の菊芋:750mg
  • 薬日本堂のイヌリン:10,400mg

 

「約14倍」も含有量に差異があることがわかります。

(※食物繊維なので、摂り過ぎという概念は存在しません。体質によっては少々お腹が緩くなる可能性はあります)

 

当然、含有量が多い方が期待効果は高いです。

 

血糖値・中性脂肪対策として、より高品質・信頼度の高い商品をお探しの方には、薬日本堂のイヌリンをおすすめしています。

薬日本堂のイヌリン(公式サイト)