菊芋という野菜をご存知でしょうか・・?

 

男

いや、、、知らないけど?

 

はい。聞いたことがない見たこともないという人も多いかも知れませんが、実は素晴らしい栄養を含む野菜として注目されています。
菊芋とはどんな野菜なのか、また驚きの効果効能について徹底解説致しましょう。

菊芋って・・?

里芋やじゃが芋なら知っているけど菊芋って何?という人も多いでしょう。

 

他のイモ類のようにメジャーな野菜ではないのですが、私たちの健康に役立つ素晴らしい栄養素を含んでいます。菊芋はキク科ひまわり属の多年草で、食用とされているのはショウガにそっくりの根っこの部分です。

 

北アメリカが原産で、日本には江戸時代末期頃に伝わります。しかし人間が食べるのではなくて、家畜の餌となっていたそうで豚イモとも呼ばれていました。

 

家畜の餌にするにはもったいないほどの豊富な栄養を含んでいるのが菊芋です。9月から10月にかけて可愛らしい菊のような黄色の花を咲かせるのですが食用となるのは根っこで、1年間でその土地の栄養分をすべて吸収するほど生命力が強い植物と言われています。

 

大地の栄養分を余すことなく吸収する生命力の強い菊芋は、太陽と大地の恵みの植物とも言われているほどです。

イヌリンが血糖値対策に効果的

菊芋の特筆すべき栄養素は、イヌリンと言われる水溶性の食物繊維です。里芋やじゃが芋などのイモ類の主成分はでんぷんですが、菊芋はそのでんぷんの代わりにイヌリンをたっぷりと含んでいることが大きな特徴です。

 

イヌリンが菊芋の主成分でパワーの源となっています。

 

世界中にさまざまな植物が生息していますが、その中でイヌリンを最も多く含んでいるのが菊芋だと言われていますからその凄さが分かるでしょう。

 

食物繊維にもいろんな種類がありますが、その中でもイヌリンはとても希少価値の高い食物繊維で天然のインシュリンとも言われています。

 

水溶性食物繊維であるイヌリンは、小腸で糖の吸収を抑制する働きがあるので血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

血糖値の異常によって起こる糖尿病は血糖値のコントロールが不可欠で、食事制限や運動、薬によって血糖値をコントロールしていきます。日本には糖尿病予備軍とされている人も多く、そのような血糖値が気になる人に菊芋はぴったりな食材なのです。

善玉菌のエサにも良い

また菊芋に多く含まれるイヌリンは、ビフィズス菌などの腸内細菌のエサになるプロバイオティクスでもあります。善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。

 

腸内細菌は短鎖脂肪酸という物質を作り出すのですが、これが腸の蠕動運動を促したり増えた善玉菌が便の量を増やす作用もあります。このように、イヌリンにはお腹の調子を整えてお通じを良くしてくれる効果も大いに期待されています。

イヌリンは中性脂肪対策にも有用

さらにイヌリンを摂ると血中の中性脂肪が低下することも報告されていますし、イヌリンには他にはない素晴らしい働きもあります。通常の食物繊維は、一度にたくさん摂取すればミネラル分の吸収を阻害することがあります。

 

しかしイヌリンはカルシウムやマグネシウムなどミネラル分の吸収を邪魔するどころか、ミネラル分の吸収を促す作用もあると言われています。

 

血糖値対策や整腸作用、中性脂肪を低下させるなど、さまざまな効果が期待されると同時に、不足しがちなミネラル分の吸収を促してくれるなど非常に優秀な成分がイヌリンなのです。

 

そのイヌリンを多く含んでいるのが菊芋で、そのため今、美容や健康に大いに役立ってくれると注目を集めているのです。

 

また菊芋はイヌリン以外にもビタミンやミネラル、必須アミノ酸などさまざまな栄養素を含んでいます。

 

中でも多く含まれているのがカリウムで、カリウムには余分なナトリウムを排泄する作用があり高血圧対策に欠かせない成分です。

 

またカリウムは筋肉にも欠かせないミネラルで、長時間の運動による筋肉の痙攣を防ぐなどの働きもあります。

低カロリーでヘルシー

そして低カロリーであることも菊芋の大きな魅力です。芋の仲間であるものの、でんぷんは少なめでイヌリンが主成分の菊芋は非常に低カロリーです。

 

100グラムあたりのカロリーは35キロカロリーとじゃが芋の半分以下なので、カロリーを気にすることなくたくさん食べられるのも魅力でしょう。

 

大変魅力的な食材である菊芋ですが、日本ではまだまだメジャーではありません。美容や健康に良いと注目され始めてはいますが、生鮮食材としてスーパーなどで見かけることはあまりありません。

 

そのほとんどがイヌリンの効果を期待した健康食品で、菊芋そのものが食卓に並ぶことはあまりないようです。しかし菊芋はスライスして油で炒めて食べたり、クセがないので生のままサラダにして食べてもとてもおいしいです。

 

ショウガのような見た目なので、スーパーなどで見かけたらぜひ実際に食べてみてくださいね。

イヌリンは天然のインスリン

あまり知られていない菊芋ですが、天然のインシュリンとも言われるイヌリンを豊富に含む注目の食材です。

 

血糖値や高血圧対策、腸内環境を整えるなどさまざまな効果効能が期待され、しかも低カロリーな注目食材です。